讃岐はだか麦本舗の最新情報やお知らせを店主よりお届けします

商品情報 〉 裸麦焼酎「裸祭」好評発売中!

2016.02.01

hadakamatsuri
讃岐はだか麦本舗×西野金陵 共同開発
2015年11月6日発売/1800本限定

裸麦焼酎「裸祭」

金陵オンラインストアよりご購入いただけます。

 

己の殻は己で破り 裸一貫 男意気 浮世は祭の裸麦

裸麦焼酎「裸祭」は、毎年2月に営なわれる弘法大師誕生の地、総本山善通寺に約400年続く伝統行事「大会陽(だいえいよう)」のひとこま、「はだか祭り」をイメージしてつくられた裸麦焼酎。

 

会陽とは、明るく恵み深い春の心にめぐりあうという意味で、福奪(ふくばい)ともいい、一年の福を奪い合う真言宗の正月行事です。そして、裸祭は「仏の御前で人は皆裸同然」の信仰をこめて、善通寺から全国に広がったそうです。しかし、残念ながら褌姿の勇ましく気迫みなぎる裸男たちが「宝木(しんぎ)」を奪い合うはだか祭りは、2001年を最後に約400年の歴史に幕を下ろし、現在はその姿を目にすることはできません。奇しくも同じ善通寺市は、自分の力で殻を割って出るたくましさと、生命力溢れる大麦の一種「裸麦」の名産地であり、「はだか祭り」という活気あふれる伝統行事の発祥の地。惜しまれつつ幕を閉じたこの伝統行事を、讃岐の酒蔵「西野金陵」伝統の技で復活させようと造られたのが、裸麦焼酎「裸祭」です。西野金陵杜氏たちの手によって丹精込めて造られた自信作。焙煎したはだか麦を使用しており、ふわっと広がる芳ばしい香りが特徴です。

 

善通寺市内では、2015年11月6日発売から約2週間、新たに入荷しても即完売と注目の高さが伺えます。「裸祭」を手にした方の幸せを願い、宝木をイメージしたデザインとなっています。裸麦焼酎「裸祭」と共に春の訪れを感じてみませんか!

 

Product_Shochu

アルコール度数:25度
原材料:はだか麦(香川県産)・麦こうじ(国産麦)
1,620円(税込・送料別)/720ml 

PAGETOP